馬に乗る姿の女性

騎手になろう

ジョッキーになりたいと思っているなら競馬学校に入学しましょう!応募条件や試験内容が知りたい方はコチラまで!

福祉の基本から応用までしっかりしている社会福祉士は新潟の専門学校で習得できます。就職サポートもしてくれるから安心です。

一般的にいう競馬学校とはJRA日本中央競馬会が運営する競馬に関する人材(騎手、厩務員)を育成する施設です。 地方競馬の方にもこのような養成施設はありますが別のものです。 競馬学校の開設以前は東京都世田谷区にある馬事公苑で養成を行っていましたが、1982年に千葉県白井市の競馬関連施設内に設立されました。 東京や京都の競馬場で見ることができる華やかな舞台で活躍する騎手や厩務員(一部調教師も)は、ほとんどがこの競馬学校の出身者です。 つまりはこの学校を出なければあの舞台には立てないという人気のある学校です。 ちなみに、学校とは名乗っていますが高校や大学、予備校や自動車学校とも違う法律上の学校ではなく完全な養成施設です。

競馬学校には2年間の騎手課程と半年間の厩務員課程の2種類があります。 騎手課程の受験資格には中学校卒業以上の学歴、視力や年齢等の他に体重という項目があります。 厩務員課程のほうには、牧場などでの競走馬や育成馬の騎乗経験が1年以上ある者という指定があります。 厩務員は馬の世話をするだけではなく調教というトレーニングもできなければなりません。 卒業後の競馬サークル内での業務は朝3時からのスタートであったり、動物を扱うというほぼ休みのない厳しい職場です。 それに少しでも慣れておいて、即戦力として活躍できるように学校内での教育プログラムも早朝から開始するなど、とても厳しいです。 競馬学校を卒業するには強い信念を持ち、そしてそれを長く持ち続けることが必要です。 しかし、あの舞台に立てる唯一の道ですから入学生にはがんばって卒業して欲しいです。